結婚相談所 口コミ

【広告】

「結婚相談所に行きたいけど、どこがいい?」
「どこも良さそうだけど・・」

そろそろ素敵な相手を見つけたい・・と思っている方も多いかもしれません。

単なる出会いであればマッチングアプリでも見つけられますが、結婚相手となるときちんとした身元で信頼できる人を選びたいもの。

ですが・・そもそも結婚相談所に行くこと自体、抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

結婚相談所というと「モテない人ばかり」のイメージがあるかもしれませんが、晩婚化が進んでいる今は”素敵な相手を見つける手段”として確立されています。

「そもそも結婚相談所って、どういうもの?」
「どんな基準で、相談所を選べばいいの?」

結婚相談所を選ぶ基準と、オススメをご紹介します!

結婚相談所を選ぶポイント

~結婚相談所選びのポイント~
1.相談所の「タイプ」を把握しておく
2.「国内大手」で信頼できるところ
3.「成婚率」をあてにしすぎない

相談所の「タイプ」を把握しておく

結婚相談所と言っても、大きく分けると次の3つに分けられます。

~結婚相談所のタイプ~
●データマッチング型
⇒希望する相手の条件を、自分で検索する
●仲人型
⇒専属のコンサルタントがついて、紹介してくれる
●ハイブリッド型
⇒両方の特徴を持つ

たいていはどちらの機能も持っていますが、相談所によって「どちらの比重が強いのか」が分かれます。

『データマッチング型』は自分で探せるので、好みに合う人をどんどん選んでいけます。

その反面、他の人も条件が同じため「一部のハイスペックの人に集中」するということが起こりがち。

『仲人型』は専属のコンサルタント(仲人)がついて、希望に合う人を紹介してもらうシステム。

経験豊富な仲人が、あなたの希望する細かい条件や性格を踏まえ「相性が良い」と判断する人を紹介してもらえます。

結婚相手に”より細かい条件”を求める方や、気に入った異性と相性が合わない経験が多い方にオススメ。

「国内大手」で信頼できるところ

当然ですが、結婚相談所は会員数がある程度いなければ出会うことはできません。

国内大手が運営する結婚相談所であれば、不当な追加料金をとられるところもありませんし、知名度を生かした集客をしているので会員数も豊富です。

「成婚率」をあてにしすぎない

結婚相談所の中には「成婚率の高さ」を売りにしているところもあります。

ですが実際には、相談所によって「何をもって成婚としているか」はマチマチ。

少しでも多くの人が成婚したことを見せるために、どの相談所も必死な訳です。

「自社の相談所に登録しているけど、実際は他のサービスで成婚した」人もカウントしていたり。

また、そもそも”成婚率を開示していない”ところも多いので一概には比べられません。

以上の条件を踏まえて、おすすめの結婚相談所を3つご紹介します!

厳選!オススメの結婚相談所3選

国内大手で信頼できる「結婚相談所」を厳選しました。

ゼクシィ縁結びエージェントオーネットパートナーエージェント
画像
種類ハイブリッドデータマッチング型仲人型
会員数約31800人 ※1約48000人約29000人
拠点(支店)全国に25拠点全国に40拠点全国に24拠点
入会金
初期費用
合計:30000円合計:106000円合計:125000円
月会費(通常プラン)16000円13900円16000円
その他0円お見合い料:10000円成婚料:50000円
特徴トータル費用が安い
バランスが良い
会員数が多く探しやすいサポートが充実
詳細詳細詳細

※1 ゼクシィ縁結びエージェント会員(約14,200名)と、「CONNECT-ship」参画各社のうち、「ゼクシィ縁結びエージェント」とのマッチングに許諾をしていただいているCONNECT-ship会員(約17,600名)の合計値(2023年3月末時点)

あなたにピッタリの結婚相談所はどこ?

いずれも国内大手で信頼できるところですが、人によって細かく求めるものは異なるかと思います。

それぞれについて、おすすめをご紹介します!

  • できるだけ費用を抑えたい!方
  • 条件が少しでもいい相手と結婚したい!方
  • 失敗したくない!異性に対して慎重派の方

できるだけ費用を抑えたい!方は・・


ゼクシィ縁結びエージェント

「あまり予算がない」「リスクを少なく結婚相談所を使いたい」という方は「ゼクシィ縁結びエージェント」がオススメ。

たしかに結婚相談所でチャンスは広がりますが、必ずしも結婚相手と巡り合える保証はありません。

最悪、今まで相談所にかけたお金がすべて水の泡になる・・というリスクは常にあります。

だからこそ、無理の範囲で続けて、余分な出費は避けたいところ。

一般的に、結婚相談所にかかる費用は以下の3つに分かれます。
・はじめの費用(入会金+初期費用)
・月会費
・その他(成婚料 or お見合い料)

その点を踏まえて、実際に半年間活動して成婚した場合の金額は以下のとおりです。

~半年間活動したときにかかる費用(目安)~

●ゼクシィ縁結びエージェント
=30000円+(16000円×6)
=126000円

●オーネット
=106000円+(13900円×6)
=189400円

●パートナーエージェント
=125000円+(16000円×6)+50000円
=271000円

各社とも、スタンダードなプランを選択した場合は上記の金額になります。

月会費はオーネットが安いですが、トータルで考えると「ゼクシィ縁結びエージェント」が最も安く済みます。

半年だけでなく1年以上続けた場合も同様です。

もちろんリクルートのゼクシィが運営してますので、「安かろう悪かろう」ということもありません。

条件が少しでもいい相手と結婚したい!方


オーネット

「結婚に妥協はしたくない」「少しでも魅力的な人と付き合いたい」という方は「オーネット」がオススメ。

オーネットは結婚相談所の中でも「データマッチング」に重点を置いています。

業界トップクラスの会員数の中から、自分で条件に合う異性を検索できるのです。

ネット婚活(マッチングアプリ)と違うのは、『身分がしっかりしていて結婚意識の高い人』から探せるという点です。

たとえばルックスの良さや経済力などの条件が良い人を、どんどん探していけます。

自分主導で進められるので思った相手にアプローチできる反面、他の人も同じ条件なので競争が激しくなりやすいというデメリットも。

どちらかというと自分の容姿もしくは経済力など、特定のことに自信がある方向け。

失敗したくない!異性に対して慎重派の方


パートナーエージェント

「過去に婚活でうまくいかなかった」「異性は慎重に選びたい」方は「パートナーエージェント」がオススメ。

どの結婚相談所も専任コンサルタント(仲人)がつきますが、パートナーエージェントは最も手厚いサポートが受けられます。

画像
活動前
EQアセスメント診断
婚活プラン設計
コーチングインタビュー

婚活プラン設計

婚活プラン設計
活動中
定期面談
アドバイス
×

定期面談
アドバイス
お見合い時
日時や場所の設定
フィードバック
お見合い後サポート

お見合い後サポート

お見合い後サポート

パートナーエージェントは「登録前から活動中・お見合い時」まですべて手厚いサポートが受けられます。

結婚成約のプロである仲人が客観的にあなたの状況を判断し、「どういう相手ならうまくいくのか」を見極めてもらえます。

また、相手とうまくいかなかった場合に「どうしてなのか?」を一緒に考えてもらえるのでよりよい活動につなげていけます。

デメリットはサポートが手厚い分、仲人とのやりとりが大変・自分のペースで進みにくいという点がありますが、独りよがりで進めることに不安がある方には最適です。

国内大手でおすすめの結婚相談所3選

ゼクシィ縁結び
エージェント
オーネットパートナー
エージェント
画像
種類ハイブリッドデータマッチング型仲人型
会員数約31800人 ※1約48688人約29125人
拠点(支店)全国に25拠点全国に40拠点全国に24拠点
入会金
初期費用
合計:30000円合計:106000円合計:125000円
月会費9000円~23000円13900円13000円~30000円
特徴トータル費用が安い
バランスが良い
会員数が多く探しやすいサポートが充実
詳細詳細詳細

※1 ゼクシィ縁結びエージェント会員(約14,200名)と、「CONNECT-ship」参画各社のうち、「ゼクシィ縁結びエージェント」とのマッチングに許諾をしていただいているCONNECT-ship会員(約17,600名)の合計値(2023年3月末時点)

一番おすすめの結婚相談所は「ゼクシィ縁結びエージェント」

3つの結婚相談所の中で、一番のオススメは「ゼクシィ」です。


ゼクシィ縁結びエージェント

~ゼクシィのオススメポイント~
●トータルの費用が安く済み、リスクが少ない
●「データ検索」「仲人」どちらも利用できる
●大手のリクルートが運営するので安心

結婚相談所はいろいろありますが、トータルバランスがもっとも優れています。

自分で結婚相手を探す「データ検索」もでき、「仲人に紹介」もできる”いいところどり”の相談所なのです。

画像
データマッチング
紹介書:月6人
自宅で検索:月8人

紹介書:月6人
自宅で検索:月8人
支店で写真検索:月10人

自宅で検索:月5人
仲介
活動時〇
活動中◎
お見合時〇

活動時〇
活動中×
お見合時〇

活動時◎
活動中◎
お見合時◎

※データマッチングの「紹介書」とは、条件に合った異性をネット上のマイページに掲載してもらえるサービスのこと。

●オーネットだと、検索は充実しても仲人のサポートが弱い。
●パートナーエージェントだと、仲人のサポートが手厚いが、検索が弱い。

ゼクシィは、”データマッチング”も”仲介”も充実したサービスを受けられます。

ただし、一番標準的な「スタンダードプラン」に申し込むことが必要です。

はじめから”仲介だけ””検索だけ”に絞るよりも、あらゆる可能性を探りながら進めていけるのでオススメ。

トータルの費用も他より安くおさえられるので、万が一相手が見つからなかったリスクも最小限に抑えられます。

ゼクシイの結婚相談所ですので、大手がしっかりサポートしてくれる面でも安心。

結婚相談所探しで迷われたなら、「ゼクシイ縁結びエージェント」がオススメ♪

「ゼクシィ縁結びエージェント」の詳細を見てみる >>

なるほど・・、実際に申し込むとどんな流れになるの?

まずは無料カウンセリングに申し込みを

結婚相談所の中では「ゼクシィ縁結びエージェント」が一番オススメです。

ですが。

3つの中で一番安いといっても、それなりにお金はかかるから慎重になりたいところ。

「ゼクシィ縁結びエージェント」に入会する前に、一度『無料カウンセリング』に相談することをオススメします。

まずは無料カウンセリングでサービスの内容を聞き、疑問点を色々と聞いてみましょう。

そこで納得できればそのまま入会手続きをすれば良いですし、保留にして後日断ってもOK。

リクルートというブランドがあるので、評判を落とすような強引な勧誘は一切ありませんのでご安心を。

無料カウンセリングの詳細を見る >>

ビューティーヘルスナビ